柿本山 影現寺 -柿本神社神宮寺-

水子供養とは

  • 影現寺では、「水子供養」を承り厳修致しております。
    水子とは、母体の中に生を受けながらも、悲しくもこの世に出てくる事が出来なかった子供の精霊のことです。
    流産してしまった、もしくはさまざまな理由で人工中絶に至った精霊も含めます。
    「水子」という言葉の由来は、日本神話に出てくる生まれてすぐに海に流された「水蛭子」という神さまに由来すると言われております。
    本来は、お母様の体内から出てこの大地に立ち、太陽の下、神様仏様から受けた壽命を全うすべき命でした。
    しかし、様々の因縁理由のため、生まれることが出なかった事、それは大変悲しく失われた命の事を考えれば嗚咽がもれ、言葉を発する事が出来ません。
     しかし、ご両親はその悲しみを受け入れ、乗り越え、生まれる事が出来なかった子達の分まで生きなくてはなりません。
    影現寺では、そのような方々への思いを埋めさせていただこうと、水子供養を承っております。当然ではございますが、秘密は厳守いたします。
    安心して当影現寺までお気軽にご相談ください。
水子供養の流れ
  • まず、お電話、もしくはメールでご連絡を頂きます。
    そこで、ご都合をお聞きして当寺院で供養する日取りを決めます。
    その時間は1件しかお受けしませんので、他の方と同席でご供養することはございません。
  • 日時が決まりましたら、当寺院にお越し下さい。
    寺院境内に駐車場もございますのでお車でご来院いただけます。
    また、近鉄新庄駅から当寺院まで徒歩1分ですので電車のご利用もお勧め致しております。
  • 本堂にお上がり頂き、本尊十一面観音様、そして子供の護法尊であります地蔵菩薩さま(当寺院に伝わる宿院仏師源次作)の御前におきまして水子様をご供養致します
  • 次に当寺院境内地にある柿本人麻呂大明神の御前で御供養された水子様が新たな命を得て、この世に生まれ出て頂ける様にご祈願致します。
    柿本人麻呂大明神は、子授の神さまとしても著名です。
  • 当日の御供養は以上です。
    お帰りになられた後も、水子供養帳に水子様のお名前を残し当寺院の常の勤行で御供養させていただきます。
    この水子供養帳は、当寺院僧侶しか読みませんので、他の方に水子様の事が伝わることはございません。
水子供養のお布施について
  • あくまで、影現寺では悲しみの中にある方が前に進むお手伝いが出来ればと水子供養をさせて頂いております。
    一霊様のご供養につき、3万円にお供えをお願いしております。